出店の御案内

上記の日時に東京浅草のアンティ-クSHOWに出店致します。

お近くにお住まいの方がおられましたら、遊びにいらして下さいませ。

新たな出会いを楽しみにしております。

栗塚氏の英断

一昨日、久し振りに京都市内、高瀬川の川岸にある 小粋なお店で栗塚氏と会食を致しました。

先日、某スポ-ツ紙に栗塚氏のインタビュ-記事が掲載されました。紙面が限られているので詳細はインタ-ネット上で詳しく載っています。記事の中には2年前にPXGXFのモデルをされた事も書いてくださっています。

この画像はその際、今回会食した お店の2階にあるワインバ-で撮影した画像です。

氏は、この画像を大層お気に召されていました。

 

会食中の一番の話題は、長年住居とされてきた南禅寺300坪の敷地を売却され、北白川にある4階建てのビルを購入された事でした。「僕の年齢から考えると、こじんまりとした瀟洒な和風建築に移転するのが妥当と思う人が多いだろう。

でもね、僕には、まだしなければならない事があるんだよ。」と言われました。

移転され、初めての冬はコンクリ-ト建築の冷え込みの厳しさに肺炎になる手前迄になったそうです。

人に頼る事を戒めておられる氏は、手荷物さえ同行した私に持たすような事はなさいません。

それなのに、人に何かを差し上げる事は大好きです。

お会いする度に「今日は何もないんだよ。あっ そうそうパンがあった!召し上がれ」小さな甘いパンを下さる事もあります。

先日は大文字鑑賞の際に買われたサイン入りの美しい大振り うちわを頂きました。

 

会食も終わり、お店を出ましたら高瀬川の上空に涼やかな月が二筋の羽衣のような雲の合間に見えました。

夕方迄、降っていた雨に洗われたのでしょうか。涼やかな真珠のような お月さん。

「綺麗な月が見れて良かったね・・・」傍らでおっしゃる栗塚氏。

ご自分を律する意思の強さと、人間愛溢れる お人柄。

 

移転の御案内状に書かれた言葉

此の五月で八十二歳を迎え、いよいよ人生最後の約束を果たす時期となり、良き場所を得たのを機に記念館の完成に向けて努力してまいる覚悟です。略

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アンティ-クフェアを終えて

6月末の三日間、京都伏見のパルスプラザにて行われた 京都アンティ-クフェアに初出店致しました。

今まではギャラリ-等での展示会が主でした。年3回定期的に開かれる京都アン....へは、毎回欠かさず訪れていました。着物や古布のお店も多く、また西洋アンティ-ク等のお店に立ち寄る楽しみもありました。

今回 初めて買う側から皆様に作品を、お見せして買って頂く側と立場が逆転した事に新鮮さを感じながら、ワクワク感満載!

そして、出店した2階のフロアブ-スの向い三軒、両隣の業者の皆様は、新参者の私を温かく迎え入れて下さいました。大方の皆様は長年に渡り同じブ-スに出店されていますので、和気あいあいとした、微笑ましい談笑が絶えません。

そんな中、異色ともいえるPXGXFのメンズを中心とした洋服に温かい賛辞を頂きました。

また、古布がお好きな女性のお客様にも高評価を頂く事が出来ました。

古参の出店者様からは、ビギナ-ズラックというのは、ここでは通用しない。皆様に知って頂くには2年は辛抱せなあかんよ。(ご自分達も同様だった!と述懐されていました)

古布を扱うお店の御主人は親身になって、聡してくださいました。

今や、その方のお店には海外からのバイヤ-も訪れ沢山の布を買って下さるとの事です。(金額を聞いてビックリ・・・)

そして、皆様の経歴も多種多様でした。初めから、このお仕事をされている方は本当に少ないみたいです。

老練のおじ様・おば様方に囲まれ「貴女はまだ若い、これからですよ」とエールを送って頂き幕を閉じた三日間でした。

私も世間でいうところでは十分、熟年齢なのですが、生涯青春の心意気で頑張っていきます。

初日は、相も変わらず、いつもの習性で古布を買いに走りました。

約250年位前の、寛政五年六月吉日と墨書きされた古麻の大きな布をゲット。そして次の店にダッシュ!自分が出店している事も忘れて~、またまた古-い、小ぶりの木綿旗、渦巻く水飛沫を、もろともしないで登ってゆく雲龍が墨で描かれています。2種類の古布をコラボした、バサ-ッとしたロングコ-トの映像が鮮やかに浮かび上がる・・・

正に至福の一瞬を味わいつつ、出店ブ-スに戻りました。

勿論、既にデザイン指示書を添えて、縫製に出したところです。出来上がりが楽しみな此の頃でございます。

 

 

布と語る

先日テレビで「あん」という映画を観ました。

樹木希林と永瀬正敏が主演。永瀬さんは題名は忘れましたが、下級武士の有り様を描いた時代劇の主演映画が印象に残っています。丁髷の剃り上は無精に髪が残り、着古した着物、袴はヨレヨレでした。

彼は違和感なく、なりきっていました。

この映画でも、観ている私が涙すると同時に彼も泣いていました。演技ではなく心からそういう気持ちが溢れてきたのでしょう。勿論 樹木希林さんが主演ですから当然ですが、スッ―とした流れで気持ちが収まってゆく感がありました。

さてさて、本題です。どら焼き屋の店長演じる永瀬君に樹木さんは、あんこの作り方を伝授します。

「小豆さんと、お話するのよ。雨や風に耐える事もあったでしょうね。大変でしたね。よくここまで辿り着いたのね。」

「ゆっくり炊かれて、美味しいあんこになりましょうね。」等々

 

画像左の布は、おそらく200年以上前の物です。古布を扱う店の主人 曰く「藍染布で作られた作業着は寒風の中での労働で、ここまで退色して刺し子は布の中に埋没するのです。」

この布は農民の たっつけ と呼ばれる細いズボンでした。

私はジャケットの両見頃に仕立てる為に、細かく ほころびた部分を細い藍染め糸で返し縫いをしました。

随分と時間がかかりましたが、「よく、今日まで頑張って残されてきましたね・・・もう直ぐ洋服に生まれ変わって洒脱な紳士がお召しになる事でしょう。」

右の布は継ぎはぎだらけの布団皮の一部です。布が弱っている箇所に、同時代の端切れを付けている最中です。

布に尋ね、語る時、ゆっくりとした穏やかな時間が過ぎてゆきます。

続ジャンヌダルク

「裁かるるジャンヌ」1926年 フランス映画

10代の頃私が見た伝記映画です。

受験を控え、クラブ活動も引退した頃、授業が終わると一目散に帰宅。

お目当ては毎日放映される往年の外国名画を観るためでした。

フランス・イタリア・ロシアetcスト-リ-の全てを理解出来たとは思いませんが、

往年の大女優ジャンヌモロ-、ミシェルモルガンなどのエレガントな佇まい、ジャンギャバン

等の渋い男優さんは身近にいないような人でした。こんな世界もあるんやな・・・

と、おやつ片手に観るというより眺めていたのかもしれないです。

たぶん、この頃に観た記憶があります。

それはそれは、うっとおしい内容で、無声映画独特のモノクロ映像は想像をかき立てる暇も与えない。フランス王に見放され、聖職者に委ねられたジャンヌの憤りと苦悩。

先日の女優とこの画像の彼女を比較して頂ければ、私が書く必要はないでしょう。

中世の雰囲気が漂っています。フランス片田舎の貧しい娘の髪色は金髪では無くて褐色であるべき。

この映画は当時の裁判記録を元に脚本を作ったらしい。

たった一人で耐えている彼女の顔は今も脳裏から離れずにいます。

ジャンヌダルク

今日はBSで1999年フランス・アメリカ合作のジャンヌダルクの生涯を描いた映画を観ました。

2時間40分の大作でした。10代の初め、たぶん中学生の時に観たモノクロ映画の「裁かるるジャンヌ」を見て以来、

ジャンヌの映画は観ていなかったので興味深々、ゆっくり観る事が出来ました。

ジャンヌを演じた女優は、なかなか良いなあと思いながら、久しぶりに私が第2位に好きなフェイダナウェイも登場。そ

して王様を演じた男優も個性派で好きな俳優の一人、おまけにダスティンホフマンまで・・・

そして感想ですが、微に入り細に入り説明が多すぎる!いつもながらの独断ブログですが、どうも、かつて観た映画の

影響が私の中から半世紀たっても離れないのです。

ジャンヌダルクは、15世紀のフランス国内で政治と強く結びついていた教会への異端児として扱われ、無残な最期をとげた。聖人として名誉を回復したのは、その500年後らしい。

 

 

続ジャンヌダルク

アンティ-クフェア出店します

関西最大の催しです。

広い会場に全国から骨董品・西洋アンティ-ク・着物・古布等々を扱うお店約360店舗が集合します。

年3回(3・6・10月に定期的に開催)私も毎回、古布を買いに訪れています。

PXGXFは今回 初めて出店致します

関西をはじめ近隣の府県から沢山の方々が訪れまして、馴染みの、お店の店主さんと再会を喜ぶ風景を数多く目撃してまいりました。私にとっては出店者として立場が変わりますが、一期一会を期待する事は今までと同じ気持ちです。

皆様との出会いを楽しみに準備を進めているこの頃です。

駐車場も広いスペ-スございます。

栗塚氏出演の最新作

昨春、栗塚さんとお会いした時に、既にこの映画の撮影に入られている。と伺っていました。

そして撮影収録は夏頃には終えられていましたが、映画が完成するのには撮影期間よりその後の編集に時間を要するものだ。公開は来春になるだろう。とおっしゃっていました。

先日4月12日より一般公開されましたので早速映画館にまいりました。

多十郎殉愛記 主演 高良健吾。栗塚 旭さんは最終場面に登場されます。

ポスタ-を御覧になれば想像できるかと思いますが美しすぎる!佇まい。

時世とはいえ、反勢力側の脱藩者故に手柄を立てたい地元の役人に追い詰められて行く。

彼のビジュアルとは対照的な死闘の姿。高良君はホンマに頑張ってました!

「ラスト30分壮絶な死闘に泣け!」このシ-ンで栗塚さんが登場されます。

生意気な言い方ですが、面構えがいいなぁ。お声も腹に力が入ってらっしゃる。

役柄は山中の侘しい小屋(確か老僧の役と聞いていましたが)に住む曰くありの・・老人ですが、この物語を締めくくる上でなくてはならない人物でした。

映画館のある建物のエントラスに高良君と、おとよの役をした女性、御二人の衣装が展示されていました。

多十郎の衣装は2枚共に、ちょっとペラペラの布地で木綿では無く、安価な絹?よく解らない布地でした。

画面でひと際、彼の色気を醸し出す赤いマフラ-のような布も展示されていましたが、こちらは化繊?触る事が出来ませんのでハッキリしませんが。私としては貧しく若い女性が木綿の着物の裏に使った紅花染木綿の端切れを使ってほしかった・・・等と感じました。

おとよ の衣装は紬ですが、どうも絹のように思います。これは上等すぎるのではないか!

せめて木綿の細かい格子布位が身分相当。

見当違いをしているかもしれません。時代劇を見ていると、つい衣装に目が向きます。

ここだけの話ですが、黒沢監督の七人の侍、椿 三十郎、黒ひげ等々に使われた衣装や布団皮は出来るだけアンテイ-クの物を使っていたらしい。日本映画の最盛期、潤沢な資金があったからでしょうか。

 

 

 

無一物

韓流ドラマのチュノを見終わって何日も経ってしまいました。

忘れないうちに書いて置きたいことがあります。と自分に言い聞かせているんですが・・・

第4話位から最終回24話迄、よくも欠かさず見たものだと我ながら感心。

今回の放映は午後1時からだったので、一日のスケジュ-ルを午前と午後2時から始動と決めてこの1時間はゆっくりリラグゼ-ションタイムとしていました。

最終回を観て、勿論主人公のテギルは魅力的な人ですが、人気投票で一度も名前が挙がらずじまいだった(ウエブサイト内)オッポクという奴婢の男性が私の中では 男の中の男 第一位に挙げたいと思いました。

自分達を苦しめている両班(上流階級)の打倒を目指す鉄砲の名手だった彼。

しかしながら一揆の頭目が実は官僚の回し者と気づいて、最後は王宮の門前で首謀者を撃退して捕らわれの身となります。

最後のシ-ンで彼が愛し「おまえは必ず生きてゆけ!」と言われ、生き残った奴婢の女性が年下の女の子に輝く太陽を見ながら「あの太陽は私たちの物よ!だって私達は他に何も持っていないのだから」というシシーンで物語は終わる・・・と思いましたら、テギルが輝く太陽に向かって腕を弓のように引いて「パーン」清々しい笑顔で、彼の死を悼む私達を 泣くんじゃないよ。俺は今 宇宙に溶け込んで太陽を見ながら楽しんでいるんだ。と言ってくれているような気分にさせてくれました。

 

人は、最後は無一物になって人生を終える。

持ってゆける物があるとしたら、何だろう?深く 深く考えるこの頃です。