栗塚氏出演の最新作

昨春、栗塚さんとお会いした時に、既にこの映画の撮影に入られている。と伺っていました。

そして撮影収録は夏頃には終えられていましたが、映画が完成するのには撮影期間よりその後の編集に時間を要するものだ。公開は来春になるだろう。とおっしゃっていました。

先日4月12日より一般公開されましたので早速映画館にまいりました。

多十郎殉愛記 主演 高良健吾。栗塚 旭さんは最終場面に登場されます。

ポスタ-を御覧になれば想像できるかと思いますが美しすぎる!佇まい。

時世とはいえ、反勢力側の脱藩者故に手柄を立てたい地元の役人に追い詰められて行く。

彼のビジュアルとは対照的な死闘の姿。高良君はホンマに頑張ってました!

「ラスト30分壮絶な死闘に泣け!」このシ-ンで栗塚さんが登場されます。

生意気な言い方ですが、面構えがいいなぁ。お声も腹に力が入ってらっしゃる。

役柄は山中の侘しい小屋(確か老僧の役と聞いていましたが)に住む曰くありの・・老人ですが、この物語を締めくくる上でなくてはならない人物でした。

映画館のある建物のエントラスに高良君と、おとよの役をした女性、御二人の衣装が展示されていました。

多十郎の衣装は2枚共に、ちょっとペラペラの布地で木綿では無く、安価な絹?よく解らない布地でした。

画面でひと際、彼の色気を醸し出す赤いマフラ-のような布も展示されていましたが、こちらは化繊?触る事が出来ませんのでハッキリしませんが。私としては貧しく若い女性が木綿の着物の裏に使った紅花染木綿の端切れを使ってほしかった・・・等と感じました。

おとよ の衣装は紬ですが、どうも絹のように思います。これは上等すぎるのではないか!

せめて木綿の細かい格子布位が身分相当。

見当違いをしているかもしれません。時代劇を見ていると、つい衣装に目が向きます。

ここだけの話ですが、黒沢監督の七人の侍、椿 三十郎、黒ひげ等々に使われた衣装や布団皮は出来るだけアンテイ-クの物を使っていたらしい。日本映画の最盛期、潤沢な資金があったからでしょうか。

 

 

 

無一物

韓流ドラマのチュノを見終わって何日も経ってしまいました。

忘れないうちに書いて置きたいことがあります。と自分に言い聞かせているんですが・・・

第4話位から最終回24話迄、よくも欠かさず見たものだと我ながら感心。

今回の放映は午後1時からだったので、一日のスケジュ-ルを午前と午後2時から始動と決めてこの1時間はゆっくりリラグゼ-ションタイムとしていました。

最終回を観て、勿論主人公のテギルは魅力的な人ですが、人気投票で一度も名前が挙がらずじまいだった(ウエブサイト内)オッポクという奴婢の男性が私の中では 男の中の男 第一位に挙げたいと思いました。

自分達を苦しめている両班(上流階級)の打倒を目指す鉄砲の名手だった彼。

しかしながら一揆の頭目が実は官僚の回し者と気づいて、最後は王宮の門前で首謀者を撃退して捕らわれの身となります。

最後のシ-ンで彼が愛し「おまえは必ず生きてゆけ!」と言われ、生き残った奴婢の女性が年下の女の子に輝く太陽を見ながら「あの太陽は私たちの物よ!だって私達は他に何も持っていないのだから」というシシーンで物語は終わる・・・と思いましたら、テギルが輝く太陽に向かって腕を弓のように引いて「パーン」清々しい笑顔で、彼の死を悼む私達を 泣くんじゃないよ。俺は今 宇宙に溶け込んで太陽を見ながら楽しんでいるんだ。と言ってくれているような気分にさせてくれました。

 

人は、最後は無一物になって人生を終える。

持ってゆける物があるとしたら、何だろう?深く 深く考えるこの頃です。

 

 

 

 

チュノ(推奴)

以前BSのNHKで見た韓流ドラマが、先日から再放送されている。

韓流には珍しく24話完結なので、話のテンポが速い。

今まで、ご他聞に漏れず数多くの韓流ドラマを見てきましたが、私の中では断トツ一番の秀作だと思っている。

題名の「推奴」チュノは主の元から逃亡した奴婢を探し出す職業。

設定の1640年代の韓国では、人口の半分位が奴婢という、謂わば奴隷階級で、両班(貴族階級)は1割にも満たない、残りが平民という構成だったらしい。

数ある国の中でも、厳しい階級制度はありましたが、当時の朝鮮で生きる事は、どの階級の両親から生を受けるかで人生の道が定まってしまう!という状況だ。

主人公のテギルは元は両班の御曹司だったが、奴婢の放火で一家全員が亡くなり、一人生き残ってしまった。

そして、自ら選んでチュノという職業に就いたのだ。

その理由は幼い頃から、愛していた奴婢のヘウォンを探しだす為。

当時、様々な事情から自ら奴婢の身分になったり、罪状に依り奴婢になった人もあったらしい。

 

主人公のテギルを中心に王朝の裏事情・政府高官のもくろみ等々、様々な世情が織りなす人間模様がコンパクトに表現されている。

 

御興味のある方(お暇のある方)はネットで検索して下さいませ。

只今14話?位放送中です。(BS)

以前に視聴済なので、今回は冷静(笑・・)にゆっくり構えて楽しみながら相変わらずら落涙の連続で観ています。

先日、柴田錬三郎の人となりを紹介する番組の中で。

従軍戦時下、エリ-ト役人だった人間ほど、上級士官に様々な手をつかって保身に走っていた。その姿は醜い。

名も無い大工だった一兵卒は、同僚をかばい自ら名乗りでて死ぬほど厳しい拷問を受けていた。

「だから自分は世間でいう高学歴、高地位等ということのみでは人を信用しない、人間に最も大切なものは品格である。」という言葉が印象に残りました。

 

チュノを見ていると、しみじみ そうやな・・と感じます。

様々な登場人物がそれぞれに自分にとっての大義を持ち、生ききる姿。

最終回、テギルは思い人のヘウォンを助ける為に命を落とす。

テギルをお兄ちゃんと恋慕していた旅芸人の女性が歌う子守歌に包まれて。

 

登場人物の心模様を細やかに表現する映像と万感迫る歌唱力で切なく迫る音響。

さすがに2010年韓国内 視聴率37%以上 納得です。

 

とりとめのない年頭のブログとなりました。読んで下さり有難うございました。

 

追伸、テギルを含むほとんどの登場人物の衣装がボロボロで、私にとっては 目の保養?でした。

夢をあきらめない!

フジコさんの続きになりますが、昨日の放送で近々の彼女が語っていた言葉です。

「夢をあきらめなければ、いつか叶うものよ」

そして過日、栗塚氏とお会いした時

「あと10年頑張れたら、良いと思っています」と自分の年齢を考えて申しましたら

「そうじゃないよ、20年はいけるよ!僕なんて100歳まで生きるつもり」とエールを頂きました。

 

話は変わりますが、もうすぐカタログが出来上がります。

画像の写真は、初めて川野先生に撮影をして頂いた時のものです。あれから2年がたちました。。

その後も作品が数点出来る事に撮影をして頂きまして、今回約5年間に製作した作品の集大成としてのカタログです。

川野先生がデザイナ-として福子さんの写真も入れたらよい。コシノジュンコだってそうしているよ。とおっしゃいますが、まだまだ自分の顔に自信を持てない・・・

来年こそ! 先生にポ-トレートを撮って頂けるようになりたいです。

 

フジコヘミング

昨日NHKの番組で1999年に放映されたフジコヘミングの再放送を観ました。

19年前、確かに見た記憶があります。

 

今や世界中にファンと持つ彼女ですが、幼少期からリストの曲を弾く為に生まれてきた!と言われながら、50年以上不遇の年月を経て60歳を越えた1999年、この番組をきっかけにクラシック界に姿を見せる事になりました。

「神様のいたずら・・」と彼女は語っています。

30歳の時に留学先のベルリンでデビュ-コンサ-トを控えての直前、聴覚を失いキャンセルをしなければならなかった。「悪魔のいたずら」と彼女は述懐しています。

 

18年前の1月30日 私の母は亡くなりました。

フジコさんの画像をしみじみ見ていますと、なんとなく母の姿に似ているなぁ・・・と思いながら書いています。

母の死。失意の私。

親友は2月の私の誕生日に合わせてフジコのコンサ-トチケットを用意して下さり、共に聞きに行きました。

 

友の真心、そして染み入るピアノの輝き。

 

数日、ちょっとブル-な気分が続いていたところに昨日この放送を見る事が出来ました。

 

良い事ばかりじゃ、つまんない。

悲しい、メランコリ-な時があっても素敵じゃない!

 

 

 

 

 

 

 

 

新作の撮影しました

今回の撮影は京都寺町三条にあるライト商會で行いました。

西洋骨董に囲まれた素敵なカフェ、2階は貸しギャラリーとなっています。

この界隈には貸しギャラリ-が数多くありますが、そのほとんどは展示する絵画等を引き立たせる為に真っ白の壁に囲まれた、謂わば無機質な箱といった感じの画廊が多い中・・

ライト商會は建物もずいぶん年期が入り、二階のギャラリ-はアンティ-ク家具やランプ、さまざまに意匠を凝らした椅子に囲まれ、天井は白く塗られた鉄骨がむき出しになっています。昭和レトロな雰囲気が満載のお店です。

今回は一階と二階をお借りしての撮影となりました。

 

栗塚氏がお召しになったジャケット

展示会開催中の一番人気は、昨秋 栗塚氏にモデルをお願いした際に着用して頂いたジャケットでした。

栗塚氏は期間中、ご多忙の合間に2度も来訪して下さいました。

「おめでとう!」とおっしゃて熨斗箱に入った美味しいお菓子も頂戴しました。

一人の人を大切にして下さるお人柄に感謝の気持ちで一杯でございます。

 

お召しになったジャケットの横に、画像のお写真(ハガキ仕様)を展示しました。

そのダンディな お姿に触発されたのでしょうか?

 

お一人目は恰幅の良い紳士。お二人目は30代後半の青年。お三人目はフランスから、いらした医師。

三人共に袖を通されまして大変お気に召されていました。

 

期間中は様々な方がおいで下さいました、中でも古布を良く御存知の壮年は「BORO布の扱い方が大変良い。このようなメンズの洋服を観たのは初めてです。自信をもって仕事を続けて下さい。」とエ-ルを贈って下さいました。

 

また親身にアドバイスをして下さる方にも、お目に掛かる事が出来ました。尚一層、自分の作りたい洋服を丁寧に作ってゆきたいと存じます。

 

 

男! 田中一村

展示会 所感

京都寺町オプトギャラリ-での展示会が終了致しました。

期間中は連日、海外からの観光客を含めて大勢の方々に御覧頂く事が出来ました。

今回はメンズのジャケットやコ-トを中心に展示を致しましたので、男性の方もお一人で、お立ち寄り下さいました。古布に興味が無かった方も、ボロ布から作ったジャケット等を実際に袖を通されまして、デザインは元より着心地の良さを体験して頂きました。

来訪された皆様が「今日は良い物を観る事が出来ました。ありがとう!」と笑顔でおっしゃって下さり、一期一会の出会いを、互いに楽しむ事が出来ました。

感謝の気持ちで一杯でございます。

青と赤

先日BS放送で「華麗なる激情」という映画を観ました。イタリアの彫刻家、ミケランジェロがシスティ-ナ礼拝堂の天井画を描いた際の様子と当時の時代背景などが詳しく描かれていました。

ミケランジェロを演じていたのはチャ-ルトン・ヘストンです。1965年アメリカが映画制作に関しても豊富な資金を投じられる時代だったのでしょう。

ロ-マ教皇ユリウス2世の依頼で制作に取りかかったのは1508年。完成は1512年です。

映像全体は、一コマ毎にルネサンスの絵画を観ているようなものでした。

例えば男性は白い衣装を纏っているのですが、衣のヒダが、まるで当時の絵画を観ていると錯覚してしまいます。絵画というよりは大理石の彫刻のヒダのように見えました。

そして私が最も美しいと感じたのは、教会のステンドグラスのようなブル-。そして鮮烈なレッドです。

彼の天井画には当時、金貨より貴重だったラピスラズリ(鉱石)を用いて抜けるようなブル-の空や水が描かれています。

 

そして鮮烈な朱色が全体を引き締める役割をしています。

この色彩は西欧独自の色合いです。このような色彩の洋服を金髪や栗色などの髪を持つ彼らが着たら、とても映える事でしょう。

勿論、私も大好きな色彩です。

今回の「蘇るBORO展」では、この映画にヒントを得まして日本のブル-(藍染め)を中心にレッド(紅花染め等)から作った洋服を展示したいと考えております。

落ち着いた日本の布の色合いを楽しんで頂けたら幸いでございます。